福岡の社会保険労務士渡辺事務所 改善基準について解説&考察します

タクシー労務Q&A⑥ 歩合給に対して欠勤控除はできる?

Q6:歩合給に対して欠勤控除はできるのでしょうか?

A6:歩合給については、そもそも欠勤控除の対象とはなり得ません。

欠勤や遅刻などによる不就労時間に対しては、使用者は賃金を支払う義務は発生しない、この考え方を「ノーワーク・ノーペイの原則」と言います。
通常は、基本給などの固定給から「月当たりの平均所定労働日数」をもとに計算した額を控除することが多いようです。
それでは、給与がオール歩合給の場合も欠勤控除できるのでしょうか? 結論から言えば、オール歩合給や出来高給については、そもそも欠勤控除の対象とはなり得ません。

歩合給は、基本給のように所定労働日数勤務したらこれだけ、という確定した支給額の考え方ではなく、出勤して、営業活動を行った結果としての出来高(運収等)に対して計算し、支給されるものです。

一方、歩合給制だからと言っても、最低賃金や法定労働外時間や深夜労働に対する割増賃金は適用されます。
しかし、これらの計算方法を見ても、固定給の場合は、「月当たりの平均所定労働時間数」で算定されるのに対し、歩合給の場合は、月当たりの「総労働時間」をベースに時間単価を算定しています。

(参考)
タクシー労務Q&A① オール歩合給って違法?
最低賃金 オール歩合給制の場合

つまり、「所定労働日数」や「所定労働時間」ではなく、実際に1か月働いた結果としての「総労働時間」が基本。これこそが、歩合給独特の考え方であり、結局、欠勤して所定労働日数が減ったからといって、割増賃金単価を計算する際の総労働時間は変わるものの、歩合給そのものに対しては、欠勤控除という考えが入る余地はない、ということになります。

 

コンテンツ

ご相談・業務のご依頼はこちら

sign メールアドレス:info@sr-w.jp
FAXでの申込みはこちら
<業務対応エリア> 福岡市、糸島市、春日市、大野城市、筑紫野市、太宰府市、宗像市、古賀市、福津市、糟屋郡、筑紫郡
他はご相談に応じます。

このサイトについて

このサイトは、福岡の社会保険労務士 渡邊一郎(元 福岡労働局 自動車運転者時間管理等指導員)が運営する、タクシー会社の労務管理に特化したホームページです。 sign 社会保険労務士渡辺事務所のHPはこちら
PAGETOP