福岡の社会保険労務士渡辺事務所 改善基準について解説&考察します

最低賃金 固定給+歩合給制の場合

固定給+歩合給制の場合の最低賃金チェック法

固定給+歩合給制の場合は、次のように考えます。

 ◆基本条件

月間総労働時間 200時間
内訳:1か月平均所定労働時間 170時間 /時間外労働時間 30時間(うち深夜労働時間 15時間)

総支給額 164,775円
【内訳】
・固定給(ただし、精皆勤手当、家族手当、通勤手当を除く) 85,000円
・歩合給 56,000円
・固定給!こ対する時間外割増賃金 18,750円(85,000円÷170時間※×1.25×30時間)
・固定給に対する深液割増賃金 1,875円但(85,000円÷170時間※×1.25×15時間)
・歩合給に対する時間外割増賃金 2,100円(56,000円÷200時間×0.25×30時間)
・歩合給に対する深液割増賃金 1,050円(56,000円÷200時間×0.25×15時間)
※月によって所定労働時聞が異なる場合は、1年聞における1カ月平均所定労働時間数

◆時間当たりの賃金額の算出

固定給と歩合給の時間当たりの賃金額は、それぞれ

固定給85,000(円)÷所定労働時間170(時間)= 500(円)・・・①

歩合給56,000(円)÷月間総労働時間200(時間)= 280(円)・・・②

となり、固定給と歩合給の合算額 780円(=①+②)が、時間当たりの賃金額になります。

現行の福岡県の最低賃金は727円ですので、セーフという結論になります。

◆固定給+歩合給制の場合の最低賃金チェックのポイント 

固定給と歩合給それぞれ時間当たりの賃金額を計算し、両方を合算したものが、時間当たりの賃金額となります。ただし、固定給のうち精皆勤手当、通勤手当、家族手当は除きます。

時間当たりの賃金額=固定給の時間当たりの賃金額+歩合給の時間当たりの賃金額=( 固定給÷所定労働時間) +( 歩合給÷月間総労働時間)

この額が地域別最低賃金以上であればOKということです。

◆留意事項 

オール歩合給制の場合と同じく、留意しておかなければならないのは、歩合給について、時間外および深夜の割増賃金を含んだ賃金制度となっていないかです。時間額に換算するためには、歩合給相当部分割増賃金相当部分区分が明確に分かれている必要があり、また、そもそも分かれていないと、割増賃金そのものが適正に支払われいるかも労働基準監督署から指摘を受けやすくなりますので、就業規則や賃金規定で明らかにしておきましょう。

前の記事

最低賃金 オール歩合給制の場合

最低賃金のポイント

関連記事 平成26年度 地域別最低賃金

コンテンツ

ご相談・業務のご依頼はこちら

sign メールアドレス:info@sr-w.jp
FAXでの申込みはこちら
<業務対応エリア> 福岡市、糸島市、春日市、大野城市、筑紫野市、太宰府市、宗像市、古賀市、福津市、糟屋郡、筑紫郡
他はご相談に応じます。

このサイトについて

このサイトは、福岡の社会保険労務士 渡邊一郎(元 福岡労働局 自動車運転者時間管理等指導員)が運営する、タクシー会社の労務管理に特化したホームページです。 sign 社会保険労務士渡辺事務所のHPはこちら
PAGETOP