福岡の社会保険労務士渡辺事務所 改善基準について解説&考察します

最低賃金 オール歩合給制の場合

オール歩合給制の場合の最低賃金チェック法

具体的に最低賃金のチェック方法を見てみましょう。

まず、オール歩合給制の場合です。

◆基本条件

月間総労働時間 200時間
内訳:1か月平均所定労働時間 170時間 /時間外労働時間 30時間(うち深夜労働時間 15時間)

総支給額152,100円と仮定
【内訳】
・歩合給(本体) 144,000円
・時間外割増賃金 5,400円(144,000円÷200時間×0.25×30時間)
・深夜割増賃金 2,700円(144,000円÷200時間×0.25×15時間)

◆時間当たりの賃金額の算出

時間外と深夜の割増賃金は、最低賃金額との比較にあたって算入されず、歩合給(本体)の時間当たりの賃金額を計算しますので、

歩合給144,000(円)÷月間総労働時間200(時間)=720(円)

が、時間当たりの賃金額になります。

現行の福岡県の最低賃金は727円ですので、アウトという結論になり、不足分を支払わなくてはなりません。

◆オール歩合給制の最低賃金チェックポイント 

歩合給の時間当たりの賃金額は、歩合給の額をその歩合給を得るために働いた総労働時間(所定労働時間+時間外労働時間)で割って計算します。

歩合給の時間当たりの賃金額=歩合給÷月間総労働時間

この額が、地域別最低賃金額以上であればOKです。
所定労働時間で割るのではないことに注意!

◆留意事項 

ここで留意しておかなければならないのは、時間外および深夜の割増賃金を歩合給に含む賃金制度を採用しているような場合、歩合給相当部分割増賃金相当部分区分が分からず、そもそも時間額に換算できないということです。

例えば「給料は運収の50%(割賃含む)」といった条件を見かけますが、これでは論外ということです。

したがって、このような賃金の支払方法を採用している会社においては、歩合給相当部分と割増賃金相当部分を就業規則などで明らかにし、その上で、時間当たりの賃金額を計算し、最低賃金額と比較する必要があります。

また、労働基準監督署等からは、当然その点を要求される、ということです。

次の記事 最低賃金 固定給+歩合給制の場合

前の記事 最低賃金のポイント

関連記事 平成26年度 地域別最低賃金

コンテンツ

ご相談・業務のご依頼はこちら

sign メールアドレス:info@sr-w.jp
FAXでの申込みはこちら
<業務対応エリア> 福岡市、糸島市、春日市、大野城市、筑紫野市、太宰府市、宗像市、古賀市、福津市、糟屋郡、筑紫郡
他はご相談に応じます。

このサイトについて

このサイトは、福岡の社会保険労務士 渡邊一郎(元 福岡労働局 自動車運転者時間管理等指導員)が運営する、タクシー会社の労務管理に特化したホームページです。 sign 社会保険労務士渡辺事務所のHPはこちら
PAGETOP